利用案内

初めての方へ霊能者による鑑定と祈念効果に関する解説

電話占い花染での鑑定を初めて受けられる方のために、簡単な解説を設けました。
「姓名判断」や「人相・手相」で運勢を見てもらったことがあるけど、霊能鑑定は初体験…。いったいどんな風に見てもらえるのだろう…?
そうした疑問をお持ちの方は、まずご一読ください。

普通の電話占いとどう違うのですか?

霊能者による鑑定は占術ではありません。

一般の占術(四柱推命・西洋占星術・姓名判断など)は、必ず生年月日や名前をお聞きして、その統計を基にして運勢の図式を作り上げますが、たとえ的中率が高いと評判の占い師でさえ若干の誤差が生じてしまいます。これは占者がお客様自身の霊体や魂の状態を直接見るのではなく、生年月日や名前から導き出した天体配置、あるいは陰陽五行から間接的に判断するためです。

例えば、同一の生年月日時刻に生まれた人間の、その後の人生がまるで同じ物になるかといえば、実際にはそうなりません。個々の人間の運命というものは、生まれた瞬間の天体配置や陰陽五行のみで決定されるわけではなく、同時に霊的な因子(過去世のカルマ・守護霊・家系因縁・霊的体質)によっても大きく左右されるからです。こうした霊的側面を十分に見ることが出来ないということが、あらかじめ決まった運勢を、個々に当てはめて占う一般占術の限界とも言えます。また易などは占者自身の霊感(“偶然の一致”を引き寄せる能力)に負う占術もありますが、彼らは必ずしも霊能力を持った霊能者ではないため、やはり誤差や読み違えが生じます。

これに対して霊能者による鑑定は、霊能者自身が有する透視能力や霊感とそれに伴う霊術のみによって貴女を鑑定します。純粋に霊能力だけを駆使して、相談者および第三者における“その瞬間”の実像を透視するため、一流の霊能者が鑑定すれば誤差や読み違えはほとんど生じません。一般占術に比べて霊能者による鑑定の的中率が格段に高いと言われるのもこの理由によります。

なお電話占い花染に在籍する霊能者は、その全員が厳しい審査を経て選抜されています。霊感、透視力、霊術の強さともに電話占い業界最上位と言う評価も多数いただいており、「本当に実力のある一流霊能者に見てもらいたい」というご相談者のご希望を、十分に満たせるものと自負しております。

鑑定と念の違いは何ですか?

鑑定:霊感や霊視によって、霊能者が問題の現状と行く末を見ること。
念:抱えている問題が成り行き任せでは解決しない場合、霊能者が霊的な念によって援助すること。
という区別になります。

まず霊能者による鑑定では、霊能者がお客様の運勢(生まれ持った運気・性格・過去・現在・未来の状態等)を霊感、透視能力や降霊などの超能力・術などを用いて鑑定することになります。しかしこれだけでは問題が今後どうなっていくのか、あるいは今抱えている悩みが解決するかどうかについて、「良い」か「悪い」といった二択の答えしか出てまいりません。

例えば、「彼とどうしても結ばれたい。相思相愛になれる可能性はありますか?」という問いかけに対して、「そういう未来は全く見えません。彼は貴女のことをまるで意識していません」とお答えした場合、たとえそれが霊能者が霊視した真実でも、ご相談いただいたお客様は途方に暮れてしまうでしょう。これではわざわざ電話占いで相談をした意味がありません。

私ども電話占い花染では、問題の行く末を見極めた上で、悩みが解決へと向かう適切な祈祷や念飛ばし(霊能者による特別な霊力をご本人や第三者に向けて飛ばすこと)をさせていただいております。つまり、お客様が今抱えている問題をどのように解決したいのかをお聞きして、それが実現へと向かうように霊能を用いてお手伝いするのです。

霊能者による念入れ(祈願)だけをお願いすることはできますか?

鑑定中と鑑定後には必ず霊能者が念をお送りしますが、それとは別に「祈願」「祈祷」「念送り」などの鑑定能力もございます。こちらは、霊能者が鑑定開始時に、特定目的の念飛ばしに集中し、お客様の祈願達成を強力にお助けするというものです。すでに相手の気持ちなども分かっており、達成したい目標も明確に決まっている場合は、こうした占術・能力を選んでいただいても宜しいかと存じます。

祈願・祈祷・念入れの効果はどのような形でわかるのでしょうか?

電話占いの直後から「心が晴れ晴れとなった」「胸の中が温かくなり、身体もポカポカしてきた」という声はよく聞かれます。これらの不思議な感覚は、霊能者が送り込んだ霊気の波動が貴女の霊体を浄化・活性化させたことのひとつの証しです。また、特定の相手がいる相談であれば鑑定終了から間を措かず、その当人からメールや電話連絡をもらうこともあるでしょう。これもまた霊能者の念が相手の魂へと届いた証拠です。霊能者の念(浄化祈念)が具体的な効果をあらわすまでの期間ですが、これには個人差があり、相談者である貴女ご自身の霊的体質や生まれ持った因縁の性質、あるいは相談内容の解決難易度によっても違ってくるので一概には申せません。おおよその目安としては、次のようにお考えください。

  • 片想い・失恋・喧嘩などの悩みで相手から良好な反応が得られるまで→電話占い当日~1週間前後
  • 不倫・三角関係・泥沼愛などの複雑な恋愛問題(多くは因縁が絡みます)→電話占い後、数週間前後
  • 一年以上の別離期間を経た過去の恋愛の復活(復縁)→電話占い後、数週間~数カ月
  • その他の人間関係、仕事、経済的な悩みなど→電話占い当日~数週間前後

なお個々のケースにつきましてはその都度、霊能者側から「貴女の願いが叶うまでには××日くらいの期間がかかります」と申し上げますので、その言葉を参考にしてください。

祈願・念入れの効果はどのくらい持続するのでしょうか?

これもあくまで目安ですが、霊能者の念が特に強力に作用する期間は、鑑定直後から1ヶ月前後と考えていただければ宜しいでしょう。その間に抱えている問題が解決すればそこで祈願は達成されたと考え、再度の霊能者による鑑定も必要なくなります。また、相談した問題が解決したあとも、霊能者による浄化波動の効果が長期間に渡って持続し、日常の様々な事柄が良い方向へ向かい続けているという方も大勢いらっしゃいます。ただし、効果があらわれるまでの期間と同様に、その持続期間についても個人差があり、一概には申せないところがございます。電話占いに相談された方自身の霊的性質や気持ちの持ち方、問題自体の解決難易度によって左右される部分が大きいためです。

一度、電話占いを受ければ必ず悩みが解決しますか?

これまでの鑑定実績を基に、数値的な割合で示しますと以下のようになります 初回の鑑定で、効果期間内に祈願が達成された事例→98% 問題が解決するまで、2回~3回程度の浄化霊力の補充を要した事例→5% 霊能者側は常に一定の念をお送りしていますが、貴女の中にある負の霊因子の力が特に強い場合、霊能者による浄化の波動を跳ね返そうとする壁も厚く、一度の念注入ではなかなか効果が浸透しきらない場合もございます。しかし念をお送りする度に霊的体質が改善され、運気は着実に上昇していきますので、それがあるときに突然、運勢が思い通りの方向に転じるという現象もよく起こります。例えば結婚や不倫の悩みで、「最初は具体的な効果が実感できなかったが、二度目の鑑定の直後に突然、先方からよい答えが聞けた」などの事例です。

複数回の鑑定が必要かどうかは、実際に霊能者が霊視してみなければ分かりません。また、たとえ必要な場合でも霊能者側から強制的な言い方は決していたしません。これは巷間の一部に見られるような祈祷師や宗教団体による霊能の押しつけ、押し売りなどと同一視されることを防ぐためです。私ども電話占い花染は特定の宗教団体や祈祷団体などとは一切関わりはなく、そうした誤解を受けることを最も恐れています。その点をご承知いただき、あくまでお客様自身でご判断の上、あらためて電話占いを受けたいと感じられたときに限って再度の鑑定予約をお申し込みください。

電話占い業界初!
鑑定もフリーダイヤルで通話料無料!

鑑定のご予約やお問い合わせ

フリーダイヤル0120-940848

朝9時~翌朝5時(年中無休)

PAGE
TOP