公開霊能鑑定

第7回 百合美先生霊能力の助けを借りて、再婚の障壁を取り除く

昨今、電話占いの相談者の年齢層は上昇傾向にあり、私共花染にも30代から40代、あるいはそれ以上の年代の皆様から日々、数多くの悩み相談が寄せられています。その大半は既婚女性。職場やプライベートでの対人関係の悩み、夫婦関係や子供の教育などについての悩み、続いてお金についての悩みの順に多いのですが、それらと同時に離婚歴のある方の再婚に関わる悩み事も徐々に増えて参りました。今回、取り上げさせていただいた鑑定内容も、この離婚と再婚に関わる問題です。厚生労働省の発表によれば、現代の日本では3組に1組の夫婦が離婚しているそうです(2007年調査)。そんな離婚者たちの再婚の難しさについて相談者と語りました。

相談者: 篠田冴子さん
38才、神奈川県出身、千葉県在住
専門学校の非常勤講師。平成24年に離婚して現在、中学生の娘と2人暮らし。

事情説明の前に離婚の原因を指摘されて唖然!

再婚

霊能者こんにちは、百合美でございます。さっそくですが、今回はどのようなご相談でしょうか。

冴子(敬称略、以下同)えーと……それが……(しばらく口ごもる。話を切り出しにくそうな様子が続く)。


霊能者ご本人の口からは言い出しにくいということであれば、こちらでお心を読み取らせていただくこともできますが、如何いたしますか。

冴子えっ!そんなことができるのですか?


霊能者はい。何も語らずとも全てを当てる、というのが私共、花染のモットーですから。

冴子じゃあ今も、私の考えを読んでいるのですか?(半信半疑。先生を試している雰囲気)


霊能者家庭という名の愛の輪が、ふたつにちぎれているイメージが見えています。恐らくは離婚に関係したご相談ではないですか?あ、少しお待ちください……失礼ですが、お客様はすでに離婚なさっておられるのですね。今はお子様と2人暮らしでいらっしゃいますか?

冴子うっ……(言葉に詰まる。何も話していないのに、どうしていきなりそこまで当てられたのか、とかなり困惑している様子)。そ、その通りです。凄い……。本当に凄いですね。私に先生のことを紹介してくれた知人も、とにかく何でも見える超能力者だって言っていましたが、想像以上だわ……。


霊能者どうか、あまり驚かないでください。霊能鑑定を普通の電話占いと同じ種類のものだと思って鑑定を受けられる方は、大抵、お客様のような反応を示されるのですが、驚きの感情が妨げとなって霊視しにくくなることがありますので。

冴子あ、あの、どういうメカニズムで見えるのか、教えてもらえませんか?こんな不思議なこと、初めてなので。


霊能者その辺をお話ししておりますと大変時間が掛かります。この場での仔細な説明はご容赦ください。ただ、ごく簡単に申しますと、そうですね……「色即是空、空即是色」という言葉がありますよね。

冴子はい。色、すなわち空なり、ですね。般若心経でしたっけ?


霊能者ええ。そこで言われる色とは物質的実体を表します。一方、空とは虚空、すなわち具体的実体のない波動です。要するに世の中の森羅万象の本質は波動なのです。人間の想念や起こりうる未来の状況などもまた然りで、波動を読むことでそれを知ることができます。そこで取捨選択した特定の人物の想念波動を感受して、脳内で映像や音声に再変換する特殊能力を有するのが、私たち霊能者というわけです。漠然とした話で申し訳ございませんが、これで感覚的にお分かりになりますでしょうか。

冴子うーん、何となく分かったような気がします……。あら、私ったら、話の腰を折ってしまってごめんなさい。どうぞ、先を続けてください。


霊能者はい、そういたしますね。(数秒間、霊視する)年下の男性の姿が見えました。銀縁の眼鏡を掛けて、中肉中背で、喋ると関西風のアクセントが出る方。身近にそうした方はおられますか?

冴子(ああ、彼のことだわ。そんなところまで見えてしまうのね)ええ……。実は、その人のことで相談したいのです。


霊能者失礼ですが、この男性はお客様の恋人ですか?愛情と執着の波動を強く感じます。

冴子執着……たしかに。私、その人との再婚を考えているのです。


霊能者かなり長いお付き合いのようですね。また新しいビジョンが見えましたが、これはこちらから申し上げてよろしいのか、どうか……。

冴子(本物の霊能者だ。この人には隠し事はできない、という諦念と安堵の様子)どうぞ、先生が見たままおっしゃってください。


霊能者では、申し上げます。ずばり、4年前の離婚原因はこの男性ですね。

赤い糸で結ばれた相手。しかし、長年の遠回りが仇になり……

冴子(心臓が止まる思い。しばらく沈黙した後、ようやく心を取り戻し)……え、ええ、そうです。その人と不倫していました。それが前の主人に知られて、泥沼の争いの挙げ句、子供を連れて家を飛び出しました。


霊能者そうでしたか。ところで今の方とのお付き合いは長いようですね。元のご主人と出会う前からお知り合いだったのですか?

冴子学生時代のテニスサークルの後輩です。結婚生活がぎくしゃくし始めた時に相談に乗ってもらって、それがきっかけで……。


霊能者男女の仲になったと?

冴子はい。お恥ずかしい話ですが。


霊能者恥ずかしいなど、どうかお止めください。私が見たところ、これは運命です。

冴子(にわかに声が明るくなり)そ、そうなのですか?!


霊能者お互いの先祖筋が関わる強い霊縁を感じます。

冴子レイエン?


霊能者平たく申しますと、赤い糸のご縁で結ばれた相手ということです。前のご主人ともそのつながりはあったのですが、こちらの男性の方がいっそう強いですね。僭越ながら、最初からこの方と結婚されていれば、離婚の憂き目も回避できたのではないかと思います。

冴子そうかもしれないですね。大学を出て三年目に彼からプロポーズされたのですが、その時は色々と踏ん切りがつかなくて。


霊能者当時、彼の収入が不安定だったからですね。でも、今はきちんとした会社にお勤めですね。

冴子(再度、驚愕)そんな細かいことまで分かるのですか!ああ、何だか怖い。先生はもう全部お見通しだと思いますが、愛情よりも目先の経済的安定を選んで、こんなことになってしまいました。後悔しています。


霊能者今からでも決して遅くはありませんよ。小さな障害は見えますが、この男性となら幸せになれます。

冴子それが……ダメなのです。彼、私の娘のことが……。他の男との間にできた子供はいらないって……。


霊能者なるほど、その辺が今回のご相談の核心部分というわけなのですね。

冴子はい。そうです。娘と彼との板挟みで悩んでいます。もちろん、娘を手放すことなどできませんから、このままでは彼の方を諦めるしかないのかと……。(その後、自分の娘と恋人の男性の間の不和についてしばらく語る)

娘と恋人の不仲は徐々に解決する他にない。先の明るい結論に相談者も納得

霊能者念のため、もう一度、お相手の男性の状況と心情を霊視させていただきますね。

冴子ぜひ、お願いします。何か解決策があれば……。


霊能者(少し長く霊視)ああ、正確な状況が見えました。現在、あなたが抱いていらっしゃる認識には誤りがあるようですね。

冴子誤解?どんな?


霊能者彼が娘さんを嫌っているのではなくて、その逆です。娘さんの方がこの男性を疎んじているのです。

冴子え、嘘!あの子、私にはそんな素振りは全く見せませんよ。「ママ、早く再婚したら?」なんて、からかってくることもあるんですよ。


霊能者でも、内心では自分の母親の再婚を快く思っていないのです。彼はそうした雰囲気を察して、あなたとの関係を持続することに及び腰になっているのだと思います。この男性はとても心の優しい人でしょう?他人に対する気遣いと思いやりが深い人。そうではないですか?

冴子ええ、それはもうとても。彼のそういうところに惹かれて、道ならぬ関係になってしまったくらいですから。


霊能者ですから、今回も彼はあなたの娘さんの気持ちを慮って、わざと自分が悪者になっているわけです。

冴子それはつまり、娘の心を傷つけないために、私に再婚を諦めさせるように仕向けている、ということですか?


霊能者そうです。

冴子うーん、いくらなんでも、にわかには信じられません。彼に他の女性の影があって私との関係が面倒になったとか、そういうことではないのですか?


霊能者違います。この男性は、変わらずあなたのことだけを愛しておられます。

冴子そんな……。じゃあ仮に先生がおっしゃることが事実だとして、私はどうすれば良いのでしょうか?


霊能者まずは今、申し上げたことをご本人に確認してみてください。その上で、今度はあなたの娘さんの気持ちが軟化するように努力するのです。もちろん、彼の協力も必要です。

冴子うーん、あの子、けっこう頑固な性格だから。思春期で難しい年頃だし。私、上手くやる自信がありません。


霊能者そこを何とか頑張ってみてください。こうしてお話ししている時点で、すでに明るい兆しが見えています。3人仲良く、新しい家庭を築くビジョンがはっきりと見えているのです。

冴子分かりました。とりあえず、これから電話で今のことを彼に確認してみます。その結果次第で、あらためてご相談しても良いですか?


霊能者もちろんです。また、いつでもお気軽にご相談ください。

鑑定を終えて~冴子さん談
鑑定後、さっそく彼に電話して事情を訊きました。そうしたら以前、私がいないところで、娘から「ママと別れて」と頼まれたということが分かりました。そんなこともあって、無理に再婚せず、今の関係を続けていた方が良策ではないのかと考えたそうです。寸分違いなく先生に言われた通りでした。さらにその後、学校から帰ってきた娘と膝突き合わせて話し合い、彼女の気持ちも確認しました。決して彼のことを憎んでいるわけではなく、私の別れた夫、つまり自分の父親が可哀想だと思って、意地悪く当たっていたのだと初めて本心を明かしてくれたのです。現在、先生の助言を受けながら、彼と娘の関係の改善を図っており、徐々にではありますが、こちらに心を開いてきているように感じます。何はともあれ、これで再婚への希望が見えてきました。ありがとうございました。

電話占い業界初!
鑑定もフリーダイヤルで通話料無料!

鑑定のご予約やお問い合わせ

フリーダイヤル0120-940848

朝9時~翌朝5時(年中無休)

PAGE
TOP