お客様の声
ご近所トラブル

田舎の近所付き合いに疲れ果てました。近所のトラブルメーカーが夜昼構わず家へやってきて……

ご近所トラブル

電話占いというと、若い女の子が恋愛の悩みを相談するところというイメージしかなかったのですが、最近は職場や近所付き合いでの人間トラブルについて相談する人が増え、それに対してかなり有効な解決策を提案してくれるという噂を聞きました。しかも一般的なタロットや星占いよりは、100%霊感で見てくれるところの方が解決率は高いという話だったので、ネット検索でそうした電話占い会社をいくつか調べ上げ、その中で感覚的に最もしっくりときた花染を選ばせてもらいました。指名したのは一護先生という大変人当たりの良い方で、こちらの悩みに寄り添ってくれそうな親身な雰囲気にまず好感を持ちました。もちろんそれだけではなく、肝心の的中率にも目を見張るものがありました。

「近所付き合いの悩みなのですが……」と切り出すと、「かなりお疲れのご様子ですね。年齢に似合わない派手な格好をした50代前半の女性の姿が見えているのですが、もしかしてこの人物が今回のご相談に関係していますでしょうか?体型は痩せぎすで背は高め。目が釣り上がったような険のある表情が特徴の女性です」といきなり、悩みの種のアノ女の風貌を言い当てられました。

昨年の秋、夫が南東北支社へ転勤となり、私も一緒について行く形で県庁所在地郊外の一軒家に引っ越したのですが、表向きは現代風の瀟洒な住宅街にも関わらず、内部は地方特有の閉鎖的な因習が残っているという場所でした。隣近所へ引っ越しの挨拶へ出向いても木で鼻を括ったような対応をされて、引っ越し初日からさっそく嫌な思いをしたのですが、やがてそうした住人たちの態度にある理由が存在していることが分かりました。

私たち夫婦が引っ越した家の3軒先には、庭先が草ぼうぼうになった半ば廃墟のような建物があり、そこには50代半ばの独身女性が1人暮らしをしていたのですが、それが近所一帯に不穏なプレッシャーを与えていた元凶でした。

女の家は相当古くからあったらしく、元は大家族で住んでいたらしいのですが、家業が破産して離散してしまい、一人娘だった長女だけが残ったとのことで、昔、その家が地域一帯の地主であったことを鼻に掛けて、ゴミ出しやボランティア清掃などの町内会業務にいちいち口を突っ込んで掻き回したり、自分に反対意見を言う者には狂ったように噛みついたりという、典型的なトラブルメーカーであることが分かりました。引っ越してきたばかりの私たち夫婦もさっそくそのターゲットにされ、「ウチには引っ越しの挨拶がなかった」と夜昼構わずのクレーム訪問に始まり、数々の嫌がらせを受けるようになったのです。

こうした一連の事情を一護先生に説明したところ、女の内面心理を透視した上での適切な対処法を細々と教えていただくことができ、おかげさまで現在は小康状態を保っています。しかし「この先、事態が根本的に好転することはまずないので、できるだけ早期に引っ越すように」との助言も受けているので、主人と話し合って早急に実行するつもりです。

(山形県山形市・戸高紗絹子さん・38歳)

電話占い業界初!
鑑定もフリーダイヤルで通話料無料!

鑑定のご予約やお問い合わせ

フリーダイヤル0120-940848

朝9時~翌朝5時(年中無休)

一度振られた彼を諦めきれず… まさかの逆告白で恋愛成就!
PAGE
TOP