第24回 霊感の強い旦那 - 愛と恐怖の心霊夜話
愛と恐怖の心霊夜話

第24回 霊感の強い旦那

うちの旦那はとても霊感が強いんです

霊感

自分自身の話ではないのですが、旦那に霊感があります。私自身にはまったく霊感がありません。付き合い出すまではその手のものも全く信じていませんでした。テレビの心霊特集や霊能者もヤラセだと思っていたくらいです。でも、旦那と付き合い出して色んな不思議な体験をして、今ではそういったものも本当にあるのだと信じています。実際、夫婦で生活していて、ちょっと理屈では考えられないような出来事がよくあるので、信じざるを得ないんです。「この人は本当に不思議なものを感じ取る力があるんだな」と実感しています。ちなみに旦那は沖縄出身で、親戚にユタの人がいるそうです。

付き合っていた頃から、デートの最中に旦那がきゅうに険しい顔をすることがありました。そういう時は必ず何かがありました。見渡すと道端に花が供えられていたり、後で調べてみると数日前にそこで自殺があったことがわかったりするんです。旦那曰く、そういう場所に近付くと“頭がキリキリと締め付けられるように痛む”そうです。また、酷いものになると、姿が見えたりもするそうです。このことについてあまり積極的に話したがらないので、詳しい話はわからないのですが、そういうもの、とのことです。

高速道路の玉突き事故を回避した話

ある時、事前に計画していた一泊二日の旅行計画を、前日になって急に「変えよう」と言い出したことがありました。車で行く予定だったんですが、やっぱり電車とバスにしよう、と言い出したんです。私は車で行くつもりで荷造りをしていたので、電車で行くならもっと荷物をコンパクトにまとめなきゃいけないし、正直(なんで!?)って感じでした。でもその時はもう、この人がいきなりこういうことを言い出したら、絶対に何かある、とわかっていたので、大人しく従いました。

そうしたら、翌日、私達が使おうと思っていた高速道路で、自動車数台の玉突き事故が起きたんです。かなり大きな事故で、死者も何名か出ました。しかも、その事故が起きた時間は、もし私達が車で向かっていたらちょうどその頃にその辺を通っていたかも、というタイミングだったんです。旅館のテレビで玉突き事故のニュースを見た私は、すぐに旦那に視線を移しました。旦那は「巻き込まれなくて本当によかった」とだけ言っていました。

友達の本性をすぐに見抜いた話

あと、悪いものを憑けている人もわかるみたいです。私の友達に、一見すごく可愛くて性格もいい子がいたんです。でも旦那はその子のことを毛嫌いしていました。まあ、私としては、惚れられるよりそっちのほうが安心だったので良かったんですけど。何もそこまで嫌うことはないんじゃ? とは思っていました。

すると、しばらくして、その子が知り合いの女の子にずっと陰湿な嫌がらせをしていることが発覚したんです。男関係の逆恨みだそうです。SNSでサブアカウントを何個も作って「死ね」といったメッセージを送りつけたり、根も葉もない噂を流したり、自分が被害者であるかのような嘘を言いふらしたり……。悪意に満ちた本性を知り、本当に驚きました。でも、被害に遭っていた子がすごく頭のいい子で、証拠をしっかり集めていたんです。だから信じざるを得ない状況でした。でも、発覚してもまだ周りの半分くらいは「あの子がそんなことを? 信じられない」という素振りで、特に男達は彼女をかばおうとするので、結局そのグループはめちゃくちゃ荒れました。結局、その子はそれからすぐ音信不通に。「実はああいう子だってわかってたの?」って旦那に聞いたら、「人間の雰囲気じゃなかった。背中に悪魔みたいなのが憑いてた」って言っていました。

知り合い夫婦の新居が呪われていた話

一番忘れられないのは、知り合い夫婦の新居に遊びに行った時の話です。私達は御宅に招待されて遊びに行くことになり、当日午前中にお土産を買って、都内某所のマンション8階にあるふたりの御宅に向かいました。しかし、エントランスでインターホンを鳴らし、オートロックを解除してもらい、8階に上がり、家の玄関を前にした時、旦那が急に浮かない顔をし始めたんです。「もしかしてこの家何かあるの?」そう小声で聞くと、「ここはかなり良くない。出来れば入りたくない。だけど今さらそんなこと言ったら失礼に当たるし、どうしよう……」と狼狽しきっていました。少し立ち止まった後、旦那も覚悟を決めて「よし、行こう。ただしあまり長居はしないようにしよう」と言い、玄関の呼び鈴を押しました。

ふたりの新居は3LDKのとても綺麗なお宅で、内装も奥さんこだわりの北欧風で統一されてすごくオシャレ。ふたりもとても幸せそうな雰囲気で、私は(この部屋の一体どこが良くないんだろう?)と疑問を感じました。しかし、旦那のこういう勘は必ず当たります。青ざめた顔をしながら努めてにこやかに振る舞う旦那の姿を見て、これはただ事ではないのだな、と思いました。すると、4人でランチを食べている最中、急に隣の部屋で「ガタガタッ」という音がしました。隣の部屋で何かが落ちたようです。「ああ、またか……」そう言うと旦那さんは隣の部屋に行き、すぐに戻ってきました。そして「なんかね、あそこの部屋、すぐラックの上の物が落ちるんですよ。もしかしたら幽霊でもいるのかも」なんて笑いながら言ったんです。奥さんも「あの部屋なんか落ち着かないのよね」と言っていました。

結局、「新婚さんの家にあまり長居するのも悪いから」なんて適当なことを言って、私達は3時間ほどで失礼させていただきました。その帰り道、あの部屋の一体何が良くなかったのか聞きました。「子供の霊が見える。多分、前の住人が虐待をしていたんだと思う。あそこで亡くなったわけではないみたいだけど、あの部屋に取り憑いてる」と言いました。そして、「あんな部屋に住んでたら結婚生活も長くは持たない。でもそんなこと言えないし、どうしようもない」と呟くように言っていました。知り合い夫婦はその後、旦那の言葉どおり、1年も持たずに離婚しました。

そんな旦那と、結婚前のお付き合いも含めてもう10年近く一緒にいます。私のほうはいまだに霊感ゼロです。何も感じないし何も分かりません。霊感のある人と一緒にいると霊感が移るってよく聞くんですけど、私は何をどうやっても霊感がつかないみたいです……。

(紗希さん 43才・東京都)

電話占い業界最古参!
支持され続ける信頼と実績の鑑定!

鑑定のご予約やお問い合わせ

電話番号03-6627-3511

朝9時~翌朝5時(年中無休)

PAGE
TOP