花染便り

四十九日の意味とは

私たちは、家族や大切な人が亡くなった時、葬儀や告別式を行います。その後、「初七日(しょなのか)」「四十九日(しじゅうくにち)」といった追善法要を行い、故人の冥福を祈ることは、日本人として常識と言えるでしょう。では、なぜ7日なのか、49日に法要を行う必要があるのかはご存じでしょうか。今回は、四十九日の意味や仏教における考え方についてお話いたします。

7日ごとに裁判が行われる

四十九日の意味とは

仏教において、人が亡くなった時、あの世では裁判が行われます。何のための裁判かというと、来世の行き先を決める重要な裁判です。亡くなった魂は、「六道輪廻(ろくどうりんね)」の考えに基づいて、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道のいずれかに生まれ変わります。その裁判は7日ごとに執り行われ、その最後の判決日となるのが49日目なのです。「四十九日」は故人の魂に一区切りがつく重要な法要だと言えるでしょう。

本来であれば、裁判の行われる7日ごとに法要を行われるのですが、現代では最初の裁判である「初七日」と、最後の裁判である「四十九日」のみ行うのが一般的とされています。

四十九日では何を行うのか

次に、一般的な四十九日の流れについてご紹介しましょう。まず故人に対するご供養として行われるのが、四十九日法要です。具体的には、お坊さんによる読経や、親類たちで焼香をあげます。その後は墓地へ移動して納骨式を営み、法要は終了です。その後は会食(御斎・おとき)となり、列席者やお坊さんに食事がふるまわれます。

四十九日に合わせて仏壇や墓石を新たに購入した場合は、法要と同時に開眼法要も執り行いましょう。これは、新しい墓や仏壇に仏様の魂入れをするための大切な儀式です。納骨式に関しては、四十九日ではなく一周忌・三周忌に行う地域もあります。地域や寺院の意向に従いましょう。

四十九日で注意すること

四十九日の数え方は地域によってまちまちです。亡くなった日から数えて49日目とする(例:7月1日が命日の場合、8月18日が四十九日)考えが一般的ですが、中には亡くなる前日を1日目とする地域もあるため、よく確認するようにしましょう。

ちなみに葬儀や告別式では、六曜の「友引」は「故人が友を連れて行ってしまう」「不幸が連鎖してしまう」と避けられますが、四十九日では気にする必要はありません。法要は準備等で何かとバタバタとあわただしいですが、故人との思い出を胸に、故人が無事に成仏できるようお祈りする気持ちが大切なのです。

電話占い業界初!
鑑定もフリーダイヤルで通話料無料!

鑑定のご予約やお問い合わせ

フリーダイヤル0120-940848

朝9時~翌朝5時(年中無休)

PAGE
TOP