第9回 錦絵先生 祈願・祈祷で原因の大元を断つ - 有名霊能者提言
有名霊能者提言

第9回 錦絵先生祈願・祈祷で原因の大元を断つ

祈願・祈祷

祈願・祈祷とは、簡単に言えば、願いを成就させるために神仏に祈ることを指します。問題、トラブル、心配事、うまくいかないこと、叶えたいこと。このような、人々が直面するあらゆる事柄に対して、邪魔するものがあればそれを排除し、神仏の力を借りて願望成就させるのが、祈願・祈祷という占術の役割なのです。

祈願・祈祷の具体例

祈願・祈祷は、実際には次のような願望成就のために執り行われています。例えば、恋愛成就、復活愛成就、良縁成就、結婚成就などです。もし家庭を得ていれば、子授祈願、嫁姑和解成就などが執り行われることもあるでしょう。他にも、トラブルに見舞われている人にとってありがたい、借金返済成就、縁切成就などの祈願・祈祷も存在します。縁切り成就とは、「早く離婚したいのに離婚裁判が長引いている」「もはや相手への愛情は冷めているのに、相手がなかなか別れてくれない」「好きでもない相手に、長年しつこく付きまとわれている」といった場合に執り行われるものです。また、いつも病気がち、不治の病を宣告されたなどの場合には、身体健全、闘病平癒、鎮痛成就といった祈祷が執り行われます。

祈願・祈祷がもたらす効果

もし貴女が今付き合っている彼といまいちしっくりいかない、彼の気持ちがつかめないという悩みを持っているのなら、恋愛成就の祈祷を行ってもらいましょう。すると、彼の周りで貴女の恋愛の邪魔をしている霊障が解消され、彼の心を再び引き寄せることができます。

祈願・祈祷が執り行われることによって、体調面や精神的な面での苦痛をもたらしている霊などによる悪影響の大元が断ち切られます。そして、どうしても叶えたい願いがある場合には、神仏のお力を借りることにより、その願いが成就するのです。

その効果は絶大です。しかし、結果の出方は、人によって様々です。一般的には、祈願・祈祷から35日以内に何らかの良い結果やチャンスの兆しが現れるといわれています。また、複数の祈祷を同時に行ったり、順番に祈祷したりと、願い事の中身やその人の今の状態などに応じて、ふさわしい方法で祈祷を行うことによっても、効果が出やすくなるといわれています。

祈願・祈祷の形式

もし貴女が祈願・祈祷を執り行ってもらうことになった場合、次のような形式で行われることになるでしょう。

●毎日決まった時刻に祈祷してもらう

ある一定の期間に渡って、継続的に、一日1回、決まった時刻に祈祷してもらうという形式です。時刻が決められているので、その時間が来たら、自分自身も遠隔から祈願に参加します。もし祈願に参加できない場合でも、神仏に感謝し、日々善行を心がけることが大切になります。

●一回限りで大きな祈願をしてもらう

継続した祈願・祈祷ではなく、一回限りですが、何日間かかけて大掛かりな祈願・祈祷を執り行ってもらう形式です。祈願が執り行われる際に、お守りや霊符などが作られて祈念され、後日お守りとしてもらえることもあります。

●一番適した神仏へ願いを届けてもらう

自分の願いに即した、もっともふさわしい神仏に対して、祈願・祈祷を行ってもらうこともできます。より願いが成就しやすいといえるでしょう。

●供養も同時に行う

祈願・祈祷の際に、願望成就を邪魔する霊の存在がある場合には、それを取り除きます。取り除いた霊たちに対して、すかさず供養を同時に行うことで、願望が成就されやすくなってきます。

いずれにしても神仏のお力をお借りするわけですから、祈祷者は非常に慎重になります。祈願・祈祷に値する依頼者であるように、祈願・祈祷中や日常生活においても、清い心でいるように心がけましょう。

電話占い業界最古参!
支持され続ける信頼と実績の鑑定!

鑑定のご予約やお問い合わせ

電話番号03-6627-3511

朝9時~翌朝5時(年中無休)

PAGE
TOP